Photo Gallery(NO.34)

このページではクラブ内での釣果や釣行記等を順次、アップしていきます。
下記の番号をクリックすると、過去のフォトギャラリーが見れます。

NO.1   NO.2 NO.3 NO.4 NO.5 NO.6 NO.7 NO.8 NO.9 NO.10

NO.11 NO.12 NO.13 NO.14 NO.15 NO.16 NO.17 NO.18 NO.19 NO.20

NO.21 NO.22 NO.23 NO.24 NO.25 NO.26 NO.27 NO.28 NO.29 NO.30
 
                                   
NO.31   NO.32   NO.33   NO.34                        

DATA PHOTO ANGLER ・ TACKLE COMMENT
2018年10月2日

大阪港

チヌ42㎝頭に2枚
キビレ 1枚
松浦 昌治

ロッド:SPLASHカスタム
落とし込みスペシャル

エサ:ソフトルアー
台風の後の濁りに期待してチヌの落とし込みに行ってきました。
潮位も高く、適度に濁っていたのですが、15回近くアタリがあったのにフックアップしたのはチヌ2枚とキビレ1枚。
どうもこの時期は食性が変わる為か、ソフトルアーを使った落とし込みは食い込みが悪いようです。
エサ釣りの人は、フジツボを使っていました。
そのうち、フジツボそっくりにカッティングした自作ソフトルアーで爆釣してやろうと思ってます。
2018年9月23日

福井県若狭湾沖

シロイカ 約20杯
ガシラ 1匹
アオハタ 1匹
エソ 多数
松浦 昌治

ロッド:SPLASHカスタム
イカメタルスペシャル
連休は、久しぶりに日本海のジギング&シロイカ釣りに行ってきました。
ジギングは、潮巡りが悪くて撃沈。
根魚とエソの入れ食いでした。
夕方からは、イカメタルゲーム。
小さいイカがたくさん釣れました。
2018年9月22日

兵庫県姫路沖

シオ 14匹
シイラ1匹
小西 雅樹
田中 大喜

フライ:クラウザー
ルアー:メタルジグ30g
姫路沖の青物をフライとルアーで狙ってきました。
魚が浮いていなかったため、フライはかなり苦戦したものの、タイプ6のフライラインを沈めて何とか釣れました。
ルアーは、終始入れ食いでした。
2018年9月17日

奈良県リザーバー

チャネルキャットフィッシュ
約65㎝頭に、その他 小型多数

松浦 昌治
田中 大喜
小西 雅樹

ロッド:6ftベイトロッド
チャミング:コイミー+クラッシュボイリー
エサ:スクイッド、パワーコーン
連休は、午後から夕方にかけてリザーバーのアメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)を釣りに行ってきました。
近所の運河のコイ釣りに使っているタックルをそのまま使って、食わせエサには集魚剤入りの人口餌を使いました。
アメリカナマズも特定外来種に指定されていますが、この場所でも繁殖個体と思われる手のひらサイズが数匹釣れました。
このリザーバーも近い将来、霞ケ浦のようになるかも知れません。
2018年8月31日

奈良県 某河川

ナマズ 50cmクラス 2匹

小林 弘明
松浦 昌治

ロッド:6フィート半 スピニングロッド
ライン:PE1号
ルアー:ジッターバグ

フライロッド#8 SPLASHカスタム
フライ:スポンジポッパー
久しぶりに松浦代表とナマズの夜釣りに行ってきました。
思ったより水量が少なく、ルアーでもなかなかフックアップには至りませんでした。
この時期のナマズは産卵後で少し痩せていました。
2018年8月30日

大阪湾チヌ放流事業
(大阪府釣り団体協議会
&日本釣振興会 主催)
報告

松浦 昌治
今年も大阪府釣り団体協議会と日本釣振興会の主な活動である大阪湾の稚魚放流が行われました。
今回は、1万匹以上のチヌ(クロダイ)が大阪近郊の沿岸部に放流されました。
近年チヌは、十数年前よりかなり数が増え、今ではフライフィッシングやワーミングで狙って釣れる程にまでなりました。
これも、毎年行われているチヌの稚魚放流の成果だと思います。
この日は、同時に(釣り人開放地区)の清掃活動も行われました
2018年8月25~28日

高知県

アカメ 4匹
40~104cm
乾 偉大
奥村 大輝

ロッド 9ft
リール 4000番
ルアー ミノー
1年に1回の楽しみであるアカメを狙いに行きました。1晩で104cmと101cmの2本のメーターオーバーを釣ることができました。
初挑戦の乾氏も60cmほどのアカメを釣ることができました。
2018年月8月25日

琵琶湖 湖西の河口

ケタバス 23cm~25cm 7匹
山本 泰史

ロッド:8フィート 5番
フライ:ストリーマー ホワイトウィング
大学の友人と一緒に水泳がてらにフライでケタバスを狙ってきました。
スクールに向けて、何度もキャストする割にかなりスレていて、なかなかバイトしてきません。
フライをストリーマーに変えて立て続けにヒットしました。
2018年8月23日

大阪南港

タチウオ 6本
  小林 弘明
山本 泰史

タックル:11フィート シーバスロッド
ライン:PE1号
ルアー:ミノー(ソフトルアー)ワインド 
久しぶりに山本先輩とタチウオ狙いに行ってきました。
エサ釣りの人が多く、ルアーを投げる場所が少ないのには驚きました。
2018年8月16日

和歌山県加太沖

サワラ 3匹
サバ 無数
松浦 昌治

ロッド:SPLASHカスタム
ジギングスペシャル

ジグ:150~200g
加太沖へジギングに行ってきました。
この日は南風が強く、本命の場所にはアプローチできませんでしたが、まじめにジャークを繰り返した結果、サワラと大型のサバをキャッチする事が出来ました。
今回使ったジグは、自作メタルジグを使いました。自作のジグはまだPEラインの無かった時代に作ったもので、さすがにPEラインを使ってしゃくると水の抵抗が少なく、抜けすぎて若干暴れすぎの傾向がありましたが、昔のジグも変わらず今も使えるという事を実証出来ました。
2018年8月12日

香川県丸亀市

ボラ 30~35cm 2匹
山本 泰史

タックル:5番WTS
フライ:シュリンプパターン 18番
会社の同僚と出張先の香川県の旅行でボラ釣りをしました。
シュリンプパターンの極小フライで2匹のボラをゲット。
同僚は、シュリンプパターンでウミタナゴを釣りました。
シュリンプパターンは万能です。
2018年8月9日~12日

鹿児島県トカラ列島
奄美大島近海

カスミアジ・ギンガメアジ
スマガツオ・ツムブリ
田中 大喜

GTタックル
ダイビングペンシル120g
今年もビッグディッパーにお世話になり、トカラGT遠征に行ってきました。
台風の影響でトカラは1日半のみの釣行となり、残りは奄美近海を攻めました。期待を込めて4日間投げ続けましたが、
そこは自然相手の遊び。
2018年7月29日

大阪湾舞洲
釣り開放地区

チヌ 45㎝ 43㎝
  松浦 昌治
小西 雅樹

ロッド:SPLASHカスタム
落とし込みスペシャル2.5m
エコギア パワークラブ
午後からパワークラブを持って、舞洲にある釣り開放地区に行ってきました。
上げ潮にかけて、パワークラブを使った落とし込みでチヌを狙いました。
結果、10回ぐらいのアタリがあったものの、キャッチできたのは2匹。
ソフトルアーは落とし方にコツがあるようです。
2018年7月28日

琵琶湖南湖

バス53cm
田中 大喜

ヘビーバスロッド
DRT KLASHジョーカー(サイレントモデル)
今年の夏は琵琶湖の水が特に悪く、南湖は全域アオコのような水色をしています。
前から気になっていたポイントで開始早々に良型が出たのですがこの日はそれっきりでした。
2018年7月27日

琵琶湖南湖

バス 42cm
田中 大喜

ヘビーバスロッド
DRT KLASHジョーカー
風が強くトップでは釣り辛い状況でしたがなんとかできる場所を見つけて釣れました。
お気に入りのカラーだったのですが、この後ボディが割れて浸水してしまい残念...



index に戻る