Photo Gallery(NO.5)
このページではクラブ内での釣果や釣行記等を順次、アップしていきます。
下記の番号をクリックすると、過去のフォトギャラリーが見れます。

NO.1   NO.2 NO.3 NO.4 NO.5 NO.6 NO.7 NO.8 NO.9 NO.10

NO.11 NO.12 NO.13 NO.14 NO.15 NO.16 NO.17 NO.18 NO.19 NO.20

NO.21 NO.22 NO.23 NO.24 NO.25 NO.26
NO.27
NO.28 NO.29 NO.30
 
                                   
NO.31   NO.32                                

DATA PFOTO ANGLER ・ TACKLE COMMENT
2006年12月22日
SPLASH名古屋地区後期ミーティング&忘年会
(名古屋市内の飲食店にて)
参加者
宮島、松本、三井、鳥谷部、山口、安保、松浦
名古屋市内のパブでSPLASH名古屋地区の後期ミーティングと忘年会が開かれました。
大阪から松浦代表も参加し、夜遅くまでやばい話で盛り上がりました。
沖縄名物?超激辛ソーキソバで、最後は訳がわからなくなり、○×Δ◆☆▽・・・・
2006年11月25日
SPLASH後期ミーティング&忘年会
(大阪市内の飲食店にて)
参加者
畦田、中西、吉野
長堀、西村、壺井
三村、末吉、小西
松浦
大阪市北区にある、うどん店(長久)にて2006年度の後期ミーティングと忘年会が開かれました。
ミーティングの議題は例によってなにもありませんでしたが、忘年会はうまい鳥鍋を囲んで昔話や少しヤバイ近況報告で終時まで大変盛り上がりました。
2006年11月23日
大阪市ど真ん中のO川 
シーバス
三村 誠

シーバスタックル
PE−0.8号、リーダー16ポンド
9センチミノー
 
以前から噂のあったO川(天満橋、中ノ島周辺)でついにキャッチしました。ルアーに対する反応も消極的でそろそろシーズン終盤? 来年がたのしみです。
2006年11月20日
石津川
コイ86センチ
松浦 昌治

タックル:#5
ライン:DT5F
フライ:ウェットフライ
久しぶりに仕事が早く終わったので、前から気になっているポイントに寄り道してきました。川底にいる数匹のコイの中で一番大きいコイの口元に必殺のフライを流したところ、一発でフックアップに成功! 近くにいた学生にランディングを手伝ってもらい、無事GET!
2006年11月14日
日本海
メジロ2本
長堀 寛

タックル:ジギングタックル
メジロ二本
やっと竹野のグランブルー(林船長)に乗れました。
潮動かず、厳しい状況下にもかかわらず、メジロ二匹釣らせていただきました。
豊岡のラーメン美味かったです(笑)
2006年11月12日
大阪府新淀川
シーバス
アングラー:スズキ イチロー 
(三村 誠)

ロッド8フィート
ライン8ポンド
リーダー16ポンド

久々の他魚種です。水色は超クリアーながらも朝の30分は入れ食いに。
潮のタイミングが読みどおりでした。
2006年11月7日
琵琶湖(湖北)
バス一匹
ビワマス一匹
藤岡 学
山本 泰史

タックル:WF8
フライ:レッドセッター
(オレンジ蛍光色)
久しぶりにバス狙いで琵琶湖へ行ってきました。琵琶湖の漁師山本氏のガイドで早朝からウェーディングして沖のブレークラインを狙いました。底近くをトレースしていた時、何か見慣れぬ魚がヒット! 山本氏に聞くとこれは珍しいビワマスのオスだとのことでした。しかし、この時期のビワマスは全面禁漁となっているそうです。当然、撮影後リリースしました。
2006年11月5日
大阪ベイライトタックルトーナメント
参加者
畦田 昇司、九間 智貴
三村 誠、松浦 昌治
この日は、天候は良かったものの、状況は最悪でした。

画像は大阪港沖のポイントを目指して全開で疾走するスプラッシュBチーム。しかし、結果は×××××××××・・・・・・・・・・。
2006年10月27日
大阪府某河川
コイ91センチ
ソウギョ約1メートル
ボラ2、3匹
松浦 昌治
藤岡 学

タックル:#6
ライン:WF6F
フライ:グローバグ
(モスグリーン)
この日は仕事の帰りに、いつものファミレスで藤岡氏と待ち合わせをし、午後からの潮の引くのを待って、藤岡氏おすすめのポイントに入りました。必殺のフライで釣ったコイ(91センチ)は日本記録に200g足りませんでした。藤岡氏は約30分のファイトの末、1メートルくらいのソウギョをGET!
2006年10月26日
徳島県
某遊園地内
アカメ
桜井 由隆
ついに徳島県に引越ししました。
今は、県内にある遊園地の中のミニ水族館の館長をしています。
水族館には、アカメやナマズなどマニアックな魚が展示・飼育されています。画像は、6月に私が釣ったアカメで、今も元気よくスクスク育っています。徳島に来られたら、一度遊びに来てください。お待ちしております。
2006年10月25日
滋賀県長浜水路
コイ50cm 二本
山本 泰史

ライン:WF5F
フライ:ウェットフライ
久しぶりに実家の長浜に帰ってきました。
近所の水路でコイをフライで狙いましたが、水温が下がっていた為か反応が悪く、食
わせるのに大変苦労しました。
最後は、松浦さんにもらった必殺のウェットフライで何とか二匹のコイをゲットする
ことが出来ました。
2006年10月23日
泉南の某漁港
メナダ
藤岡 学

ライン:WF6F
フライ:ウェットフライ
会社の帰りに時間潰しに立ち寄った漁港で、フライを振りました。
チャミングに付くのはメナダばかりで、ボラはほとんど付きません。
アミエビをイミテーションした16番のウェットフライ(オレンジ色)で、12本のメナダをキャッチしました。大きさの割りに、あまり引きません。
少し物足りない様な気がしました。
2006年10月21日
泉南の某漁港
メナダ
山本 泰史

ライン:WF5F
フライ:ウェットフライ
ボラだと思って釣っていたら、これはメナダと言う魚だそうです。
コイに比べるとあまり引きませんが、チャミングすればサイトでいくらでも釣れま
す。
しかし、臭い魚でした・・・
2006年10月17日
滋賀県長浜の水路
山本 泰史

タックル
ロッド:#5
ライン:DT5
フライ:ウェットフライ#14
お昼から長浜市のはずれにある水路に鯉を狙いに行ってきました。パンのチャミングで釣れると言うのはよく聞いていましたが、ここの鯉はまったくパンには反応しません。ウェットフライを口元に近づけて、吸い込むのを見てフッキングしました。
難易度はウルトラC!
2006年10月4日〜5日
高知県浦戸湾一帯
鯉太郎(三村 誠)
松浦 昌治

フライタックル
WF6#

参考*アカメタックル
ライン25ポンドナイロン、リーダー50ポンドフロロ
今回もまったくアカメの反応はありませんでしたが、自分にとって得るものの大きい二日間でした。最近は鯉しかあそんでもらえません(苦笑)

2006年9月30日
兵庫県明石沖
三村 誠
タックル
ライトジギングタックル
ジグ40g−100g
職場の親睦行事でフィッシングエルモさんの耕栄丸にお世話になりました。
総勢7名の大所帯でしかも全員ジギング初体験でしたがなんとか全員ハマチゲット。なんとか世話人の面目を保つことができました。
2006年9月23日
徳島県某河川
三村 誠

タックル
フライタックル
WF6# ティペット3lb
パンフライ
メンバーの櫻井氏の勤務されている水族館近くの河川で竿をだしてみました。食パンのチャミングに反応するのはニゴイとマゴイです。ここは水源地が名水百選にもえらばれるほどの水質のよさで周りの雰囲気もよく気分も上々でした。肝心のアカメは例によって無反応でした。
2006年9月20日
京都府宮津湾
シーバス(114cm)
計16本
松浦 昌治
山本 泰史

タックル
ロッド:13ft
ライン:12lb
ルアー:ストッカーミノー13.5
台風の影響で濁りが入り、ベイトフィッシュのコノシロとサヨリが岸近くに押し寄せられたせいか、夜半から明け方にかけて、70〜114までのスズキを二人で立て続けにGET! スキンガードを忘れたために、蚊の集団奇襲攻撃に会いました。
2006年9月12日
高知県国分川
アカメ、スズキ、コイ
ソウギョ狙い!?
藤岡 学

アカメタックル
スズキタックル
コイタックル
ソウギョタックル
会社の出張を利用して、高知県の国分川へ行ってきました。話には聞いていたのですが、アカメもスズキもコイもソウギョも全く気配がありません。
桜井氏や三村氏は、どこで釣られているのでしょうか?
結局まったくの○ボーズでした・・・。
2006年9月11日
高知県
アカメ
桜井 由隆

タックル
プラッキングスペシャル 10ft
ペン5500SS
ルアー 変なミノー20Cm
9月11日早朝某河口にて・・・ヒットしたときはスズキかと思ったけどメーターオーバーのアカメでした112cm23キロ何とか無事リリース!
いやー疲れた!
2006年9月10日
滋賀県長浜市某水路
コイ50cm
6匹
山本 泰史

ロッド:5番
ライン:フローティングWT
フライ:スチロールフライ
ここは、コイ・雷魚・バス・ブルーギルなどが釣れます。
当日は、雨の後で濁りが入っていた為、コンディションは良くなかったのですが、水草の近くに浮いているコイをサイトで狙った結果、6匹ゲットする事が出来ました。

雷魚は、2回バラシで終わり。
2006年9月8日
大和川
コイ
藤岡 学

ロッド:#8
ライン:WF8F
フライ:ダンゴムシフライ
午前8時頃から奈良県の大和川にコイを狙いに行ってきました。何と自宅から20分の場所で、数匹のコイの群れを発見。ドライフライは、ほとんど食い気が無く、松浦さんにもらった「必殺ダンゴムシフライ」で三匹をゲット。途中から、濁った水が流れた来た為、しかたなくオフとなりました。
2006年9月4日
高知県浦戸湾
タイリクスズキ101センチ
松浦 昌治

ロッド:カスタム10ft
リール:スピニング4000番
ライン:20lb
ルアー:マグナムラパラ
満潮から下げに入った直後、ピックアップ寸前のルアーに追いかけるようにバイトしました。タイリクスズキならではのワイルドな喰い方でした。浦戸湾では、近年このタイリクスズキが勢力を増し、在来のマルスズキが少なくなっているとのことです。外来種?の問題は浦戸湾にまで及んでいます。
2006年9月3日
高知県某河川
コイ
三村 誠

ロッド:#6
ライン:WF6F
ティペット:5X
フライ:ナチュラル
パンフライ
本命の気配なく、近隣のクリークにて食パンのチャミングをおこないました。フライにも反応しない超すれっからしコイでした。万策尽きてのえさ釣を決行。なんと口のないコイでした。(苦笑)
2006年7月10日
琵琶湖湖北
ビワコオオナマズ
松浦 昌治
山本 泰史

ロッド:#10
ライン:STヘッド
ティペット:16lb
フライ:デシーバー
大雨の後に湖岸に沿って回遊するビワコオオナマズを発見。4回のキャストでようやく喰わせることが出来ました。ちなみに、フライロッドでの対戦成績は過去十年間の内、6バイト、3キャッチ、1ロッドブレイク、2ラインブレイク。ただいま日本記録に申請中です。
2006年7月7日
淀川
コイ65センチ
小西 雅樹

ロッド:#6
ティペット:6lb
フライ:パンフライ
夜の10時ぐらいに淀川へコイを釣りに行ってきました。
魚を掛けたのはいいのですが、様子見だけのつもりだったので、ネットが無く、ランディングに苦労しました。
2006年7月2日
第二回錦シイラトーナメント(宮島 康彦 実行委員長)
参加者

宮島、山口、安保、三井、渡辺
鳥谷部、三村、松浦、小西
第二回錦シイラトーナメントに参加してきました。スプラッシュメンバーは大阪メンバーを入れて9人のエントリー。当日は波が高く、コンディションは最悪でしたが、名古屋メンバーとのコミュニケーションもとれ、楽しい一日でした。大会後、スプラッシュの小ミーティングが開かれました。
2006年6月13日
高知県浦戸湾
アカメ65センチ
櫻井 由隆

アカメタックル
ルアー:フローティングミノー
今年になって、6回の高知県遠征でやっと釣れたアカメです。今回はこのアカメの他に二匹のアカメをGET! 
2006年6月6日
高知県浦戸湾
タイリクスズキ65センチ
櫻井 由隆

アカメタックル
ルアー:フローティングミノー
この日もアカメ狙いで三日間滞在してきました。今回も狙いのアカメは釣れず、代わりにこのタイリクスズキが釣れました。浦戸湾ではタイリクスズキが異常に増えている感じがしています。
2006年6月3日
鳥取県沖
メジロ
三村 誠

ジギング&キャスティングタックル
wing tailの加納船長にお世話になりました。あちこちにナブラが発生する状況で5〜6キロのメジロをキャスティングでキャッチすることができました。
2006年
5月23日〜29日
北マリアナ船中泊ツアー
(マリアナ諸島パガン島の夕焼け)
岩城 薫玄
松浦 昌治
藤岡 学

キャスティングタックル
ジギングタックル
四年ぶり、念願のマリアナ船中泊ツアーが実現しました。幻のワールドレコードを始め、巨大魚に、ことごとくやられてしまいました。参加者全員、今も関節炎と日焼けの後遺症に苦しんでいます。写真と詳細はメンバー専用ページとスプラッシュワールドで詳しく解説します(要パスワード)
2006年5月21日
JGFA大阪ベイライトタックルトーナメント
参加者

三村 誠、小西 雅樹
畦田 昇司、藤岡 学
この日は前日に降った雨の影響で濁りがひどく、全体的に釣果は良くなかったのですが、参加商品とバーベキュースタイルのランチは結構イケました。
参加料もリーズナブルで好評でした。
2006年5月14日
ポートアイランド北公園
シーバス30cmクラス
松浦 昌治
小西 雅樹

ロッド:#6
ライン:フローティング
フライ:ゾンカー
この日はバチ抜けに期待して、魚崎港と芦屋浜とポートアイランドの様子を見に、ゴカイパターンのフライを持って出掛けましたが、時期が早いのかまだバチ抜けがしておらず、イカパターンでかろうじて一匹釣りました。
2006年4月23日
高知県境川
マルスズキ75センチ
櫻井 由隆

シーバスタックル
ルアー:フローティングミノー12cm
この日もアカメ狙いでの釣行でした。いつもと違い、ベイトがまったく居なかったためか、アカメはノーヒット。代わりに、このマルスズキが釣れました。今年もアカメ釣りに四国通いが始まりました。



index に戻る