Photo Gallery(NO.38)

クラブ内での釣果や釣行記等を順次、アップしていきます。
下記の番号をクリックすると、過去のフォトギャラリーが見れます。

NO.01 NO.02 NO.03 NO.04 NO.05 NO.06 NO.07 NO.08 NO.09 NO.10

NO.11 NO.12 NO.13 NO.14 NO.15 NO.16 NO.17 NO.18 NO.19 NO.20

NO.21 NO.22 NO.23 NO.24 NO.25 NO.26 NO.27 NO.28 NO.29 NO.30
 
                                   
NO.31 NO.32 NO.33 NO.34 NO.35 NO.36 NO.37 NO.38

DATA PHOTO ANGLER ・ TACKLE COMMENT
2021年11月6日

武庫川一文字

メジロ 1匹
森本 武司

タックル:キャタリナ4500H
ルアー:ジャックアイ マキマキ40g
潮が流れない状況に四苦八苦。
8時間なげっぱなしで疲れました。
2021年10月30日

岐阜県の水路

コイ 61cm
山本 泰志

5番 WT
パンフライ
時間が取れたので、会社の近所の水路でパンを撒く事1時間。
やっと釣れました。
2021年10月29日

三重県 某河川

スモールマウスバス 52cm、28cm
松浦 昌治

6番ロッド WT#6 ゾンカー(白)

減水に期待して、スモール狙い。 午前中、全くアタリなし。 午後からなんとか2匹。 52cmはよく引きました。
2021年10月27日

大阪市内の池

モツゴ多数
タモロコ数匹
浅井 啓司
松浦 昌治

タナゴ釣りタックル
エサ グルテン
タナゴの調査を兼ねて釣行。
水温が高く、モツゴの猛襲にあい、タナゴは1匹も釣れず。
2021年10月19日

新淀川

キビレ 31cm、30cm
小林 弘明

ロッド 6フィートトラウトロッド
PE1.5号
9cmミノー

仕事の帰り、下げ潮の時合いを見て、1時間程キャスト。 橋脚の周りで立て続けに2枚をゲット。よく引きました
2021年10月4日

大阪湾

ナルトビエイ 約15kg
松浦 昌治

フライロッド 9番
ライン シューティングヘッド タイプ4
イガイスペシャル

チヌ釣りに行ったのですが、ナルトビエイの大群に邪魔され、撃沈。
仕返しに9番ロッドで仕留めてやりました。
2021年7月21日

奈良県 某河川

ナマズ 56cm
小林 弘明

タックル:5フィートスピニングロッド
ジッターバグ グローカラー
久しぶりに大学の頃の友人と納涼ナイトゲームに行ってきました。
10回近くバイトがあるにも関わらず、釣れたのは1匹。
まだ修業が足りません(笑)
2021年7月19日

新淀川

キビレ 32~33cm 2枚
山本 泰志

タックル:6フィートトラウトロッド
チヌグラブ 5g
実家に帰る途中、夕涼みに新淀川でチニング。
5回のバイトで2枚をT&R。
2021年7月18日

大阪府の池

タイリクバラタナゴ等 15匹
浅井 啓司

和竿:手書きの東 1尺4寸布袋竹 2本継
道糸:PE0.06号
疑似餌:シャンク0.1mm自作
レジン製黄身練りスペシャル
今回も、タナゴ竿にフライを付けて、メダカ釣り用のフライのテストです。
新作は、鈎先近くにレジンで黄身練りよろしく黄色い小さな球を付けた物です。
これは、結構反応が良く。メダカ、カダヤシ、モツゴ等も釣りました。
2021年7月10日

常吉 釣り人開放地区

チヌ  38cm、31cm 2枚
キビレ 31cm 1枚
松浦 昌治

タックル:6番WT
フライ:フナムシパターン?
大雨の後に北港へ行ってきました。
潮が上げかけと同時にチヌ2枚とキビレ1枚をT&R。
2021年7月4日

大阪府の池

タイリクバラタナゴ 2.5cm等 10匹
浅井 啓司

和竿:竿昭作 尺5寸鯨穂 2本継
道糸:PE0.06号
疑似餌:シャンク0.1mm自作
スレッド:16/0
今回は、タンゴ竿にフライを付けて、メダカ釣り用のフライのテストです。
アタリはそこそこ有りましたが乗らなかったり水上で水ポチャが多く、 フックアップに大いに課題有りでした。
次回昨は、ハリス部を少し短めにしてみます。
2021年6月25日

新淀川

キビレ 33cm
小林 弘明

トラウトロッド:6.5フィート
チヌグラブ
仕事の関係で大阪市内に出たので、帰りに新淀川でチニング。
アタリは5回位あったのですが、釣れたのは1匹だけ。
雨の中、頑張りました。
2021年6月21日

琵琶湖

ビワコオオナマズ 110cm
松浦 昌治
山本 泰志

タックル:7フィート オオナマズスペシャル
ルアー:40g バイブレーション
深夜0時に松浦さんと待ち合わせし、最初は湖西からめぼしい場所を狙ったのですが、 ヒットなくAM2:00頃に湖東へと移動。
しかし、ここでもヒットなく再び湖西へ。
時期的に少し遅いのか、かなり厳しい状態でしたが、明け方に松浦さんがついにヒット。
激渋の中、最後に釣るとは流石でした。
2021年6月18日

自宅自粛中

タイリクバラタナゴ透明鱗 稚魚
浅井 啓司

親魚:餌のテスト用に飼育している
貝:直売所でシジミを買ったらオマケで貰えた活イシガイ
水槽を掃除していたら、稚魚が泳いでいました。
こんな事もあろうかと、貝は1週間ローテーションンを 5ターンで魚飼育水槽と貝専用水槽に別けています。
稚魚が居たのは貝用の水槽です。
そのままにしておくと貝の出すネバネバに稚魚が纏わり付かれて死んでしまうので、 別の稚魚水槽に移します。
2021年6月12日

自宅自粛中

メダカ用フライ
浅井 啓司

シャンク:ステンレス 0.1mm
スレッド:ヴィーヴァス 16/0
メダカ用のフライを作り直しました。
メダカが吸い込み易いように極限まで鈎を軽量して0.1mm線で自作してテストを重ねていますが、 0.1mmは吸い込みは良いのですが、鈎が簡単に壊れますので、タナゴ釣りと同じチチワとハリス留めを 使って交換を容易にしました。
2021年5月28日

京都・東山七条

義定
浅井 啓司

鎌:義定 手打 一五0ミリ厚鎌
小鎌:義定 注文品
メダカ釣りのタックルです。
ポイントの足場がベストシーズンを過ぎると草がボウボウで近寄れません。
そこで、専用タックルを新調して、自粛要請が緩和された後でもメダカ釣りにチャレンジできるように準備です。
家籠りを利用して、取っ手部をオイルと蜜蝋で仕上げました。
2021年5月15日

自宅ルアーメイキングルーム

ダブルスイッシャー6本
松浦 昌治 非常事態宣言の為、釣りに行けず、ピーコックバス用のダブルスイッシャーを作りました。
アマゾンに行く時の為のルアーです。
いったいいつになったらいけるのでしょうか。
2021年5月2日

自宅自粛中

木製フライリール
浅井 啓司

リール:木製(欅)
ライン:セージ リオトラウト DT 000F
メダカ釣りの記念撮影時には雰囲気があって良いかと丸竹のフライロッド用に木製の フライリールを用意して準備万端なのですが、世情を鑑みて、行きたいメダカのポイントの ベストシーズンですがタックルを眺めているだけです。
2021年4月25日

徳島県の河川

サツキマス1匹 41cm
奥村 大輝

ロッド:ブルーカレント
リール:ダイワ2500番
ルアー:スプーン
サツキマスチャレンジ2年目にして、初めてサツキマスと自信持って言えそうな魚を釣ることができました
2021年4月21日

兵庫県淡路島 洲本沖

ハマチ 6匹
ガシラ 3匹
ヒラメ1匹
タグ&リリース(ハマチ4匹)
松浦 昌治
山本 泰志

タックル:ジギングタックル PE2号
ルアー:メタルジグ 100~150g
久しぶりに藤岡先輩の知り合いの人に乗せていただき、沼島沖のポイントでジギングをさせて頂きました。
当日、波が高くて出船できないかと思ったのですが、なんとか船酔いしながらも釣る事が出来ました。
2021年4月20日

紀ノ川水系

コイ 68cm、52cm
小林 弘明

タックル:6番
フライ:ニンフフライ
コロナ関係の影響で、仕事は極めて暇です。
久しぶりに大学時代の友人とフライで紀ノ川を探索してきました。
2021年4月18日

四国東部

ヒラスズキ50cm位 1匹
奥村 大輝

ロッド:バリスティック
リール:シマノ4000番
ルアー:テールスピンジグ
波が低く厳しいかと思いましたが、自分なりに工夫して釣れたヒラスズキは最高です。
2021年4月9日

和歌山県南紀

ヒラスズキ 86cm 6.6kg
松浦 昌治

タックル ケネディフィッシャーカスタムW
    フライ デシーバー(トウゴロイワシスペシャル)
初日は先行していたルアーマンに先を越され、翌日は潮の下がるのを待って実績ポイントへ。
数投でフックアップするも、一時はフライごと根ずれでダメかと思いました。
2021年4月2日

滋賀県 琵琶湖湖東

ホンモロコ 約150匹
カネヒラ 5匹
タモロコ 2匹
ブルーギル 3匹

松浦 昌治
山本 泰志

ノベザオ 15尺
エサ:アカムシ
会社の泊まり明けの日に松浦さんと私の友人との3人で、モロコ釣りに行ってきました。
午前中、ほぼ入れ食い状態で釣れたのですが、午後から強風でギブアップ。
よくある事です。
2021年3月15日

大阪市内 運河

コイ 80cmクラス頭に6匹
松浦 昌治

タックル:6フィート グラスロッド
PE1号
バークレー ガルプ
日暮れと同時に立て続けに食ってきました。
最大は80cmクラス。
2021年3月9日

兵庫県淡路島 福良

ガシラ 15~23cm 11匹
山本 泰志

トラウトロッド:6.5フィート PE0.8号
グラブ 3インチ レッド
藤岡さんの知り合いの人にメバルの半夜釣りに連れて行ってもらいました。
けれども、エサのイカナゴが全く現れず、結局最後はグラブでガシラ釣りになってしまいました。
2021年3月5日

新淀川 左岸

キビレ 35cm
小林 弘明

タックル:6.5フィート トラウトロッド
PE 0.8号
虫ヘッド+アオイソメ
久しぶりに仕事の合間を見て釣りに行ってきました。
マルキュウのグラブを使ってみたのですが、アタリがあるもののフックアップせず。
途中から保険の為?に買ってきたアオイソメを付けてなんとか1匹ゲット。
北よりの風で結構寒かったです。
2021年3月2日

和歌山県潮岬

ヒラスズキ 71cm、51cm タグ&リリース
松浦 昌治

タックル:9フィート 10番
ストリーマー
緊急事態宣言解除と同時に単独釣行で南紀へヒラスズキ狙いに行ってきました。
早朝から実績のあるポイントへ入ったのですが、波の向きが合わずノーバイト。
潮が下げ切るのを待って、次のポイントへ。
ここでは風に悩まされながらも、なんとか71cmと59cmをタグ&リリースする事が出来ました。
2021年3月2日

岐阜県大垣市

コイ 56cm、55cm
山本 泰志

タックル:5番WT
ウェットフライ
緊急事態宣言が解除された事もあって、会社の近くの水路へコイ狙いに行ってきました。
パンを撒く事1時間。
なんとか2本をゲット。



index に戻る